• ブログ Blog

    Blog
  • 2020/01/09
    子ども情報ブログ
    子供の体幹トレーニングを行うために大切なこと

    子どもの体幹トレーニングを行うために知ること

    ども!

    トレーナーの須賀です。

     

    本年もよろしくお願いいたします。

     

    皆さんがよく聴く「体幹トレーニング」を詳しく解説していきます。

     

    ここでは、

    「お子さんでスポーツをしている子ども向け」

    にお話を展開します。

     

    体幹トレーニングってどんなトレーニング??


    体幹トレーニングってどんなトレーニングなんでしょうか?

    皆さんがこの言葉を聴くと、



    このポーズ達を想像するかと思います。

     

    「体幹トレーニング」をそのまま解釈すると、

    体幹という部位にある筋肉をトレーニングする

    ということです。

     

    体幹部とは、

    これから説明する筋肉

    肋骨、肩甲骨、骨盤帯(腸骨、恥骨、坐骨、仙骨)、鎖骨、背骨

    から作られた

    集合体です。

     

    まず、筋肉について説明します。

    主要となるのは以下の2つです。

     

    体の前面ではこの腹筋が体幹部の筋肉として有名です。

    体をお辞儀する、体をねじる、体を反らすことができるのはこの筋肉があるからこそできるのです。

     

    次に大事になるのが、

    腹筋の更に奥にある筋肉の「腸腰筋」です。

    この筋肉は、もも上げをするときに使う筋肉です。

     

    骨盤と背骨を繋げている要の筋肉です。

    腹筋と腸腰筋を含めた手足、首、頭部を除く胴体全体を指します。

    なので、腹筋のトレーニング=体幹トレーニングとして捉えがちですが実際は違います。

    背中にある筋肉をトレーニングすることも体幹トレーニングとなるのです。

     

     

    体幹トレーニングには、種類がある


    体幹トレーニングには2つの種類が存在します。

     

    簡単に説明すると、

     

    (1) ポーズを維持するトレーニング

    (2) ポーズを変えるトレーニング

     

    が存在します。

     

    つまり動的にするか、静的にするかです。

     

    トレーニングで簡単に説明すると

    この動画内にあるトレーニングです。

    ①のポーズを維持しながら行うトレーニングです。

    動きを止めて、30秒止めるなどが当てはまります。

     

    次に、②のポーズを変えるトレーニングです。

    この動画のように、

    ストレッチポール上で動く、

    生き物のクモのように歩く、

    などが当てはまります。

     

    この2つの動画を参考に行ってみてください。

    フォームが特に大事なので、

    近くにトレーナーさんや体をみれるコーチが

    いたら見てもらって下さいね。

     

     

     

    スポーツ動作では、

    この2つの体幹トレーニングがとても重要です。

     

     

    注意点として、 

    動くトレーニングを初めて行う方は、あまり移動をしない種目

    を選んだ方が良いです。

    その場で手足を動かすような動作をおすすめします。

     

    それはなぜかというと、

    ハイハイ のように移動することで、

    体勢を止めたり、動かしたりする負荷が増えますので

    自分の体にかかる負担が増える分怪我に繋がりやすくなります。

    体幹トレーニングって
    実際にどんな効果があるのか?


    1、姿勢を正すことができる

    2、蹴る・走る・投げる等のスポーツ動作が更に動きやすくなる

    3、怪我が起きにくくなる

    4、周りを見ることが楽になるので、スポーツでの判断が速くなる

    5、自分のなりたい選手に近づける

     

    上記のような効果があります。

    この効果があることはすごく重要な点です。

     

    5にある自分のなりたい選手に近づける

     

    というのはイメージして頂きたいですが、

    プロ選手たちを企業のポスターで見ると

    すごくかっこいい良い姿勢で立ってます。

     

    ポスターを見たことがない方は是非見てみてください!

    特に大谷選手の立ち姿はイケてます!!




    良い姿勢

     

    というのは筋肉が本来発揮する力を

    発揮できている状態です。

     

    悪い姿勢

     

    というのは、

    本来の力を発揮できていない状態です。

     

    皆さんのお子さんが好きな選手の姿勢を真似するには、

    自分の体を最大限使える運動をしましょう。

     

    子供の体幹トレーニングのノウハウを伝えます!


     1/31(金)講座は満員となりました。

    お申込みありがとうございました。

    あなたにオススメの記事