良い姿勢とは?

色々な方の姿勢を見ていくと分類として3種類に分けることができます。左側からまっすぐ、真ん中が猫背、右側が後ろ倒れタイプです。それぞれのかんたんな説明は以下となります。

このページでは、姿勢の種類とお家でもできる姿勢チェックの方法をご紹介します。


まっすぐタイプ


いい姿勢と呼ばれる姿勢。スポーツのパフォーマンスを発揮する際

に一番力を伝えるためには必要な体の要素です。

プロアスリートたちの立ち姿勢も限りなくまっすぐに近いです。



猫背タイプ


背中が丸い状態です。頚椎・胸椎周囲が硬くなりやすい姿勢です。

野球でボールを投げる時に、肘が下がりやすい子に多い姿勢です。

肩こり、腰痛になりやすい姿勢でもあります。



後ろ倒れタイプ

腰が反っており、お腹がポッコリタイプの姿勢です。

腰痛が起きやすい、ジュニア年代に多く発生する膝の痛みや腰骨の

骨折になりやすい姿勢です。


お家で姿勢チェック!!

① 姿勢チェックしたい方をカメラに

  対してよこ向きに立たせます。

② カメラ側にある外くるぶしの

  つま先側のところから床に対して

  まっすぐな線(右写真では赤線)

  を引きます。

③ その時に耳の穴、肩の真ん中、

  腿の横に出ている骨(大転子)

  を通っているかを見ます。

 

みなさん③の場所を全部通っている

でしょうか?