· 

子供の姿勢を変える為に必要なこと

自分の体と心の環境を変化させよう!!


お子さんのお悩みでもランキングベスト3には入るのではないかと言われている

「姿勢が悪い」

という状態。この記事を読まれる方もお悩みだと思います。

 

今回はその姿勢が悪い子たちをどうやったら良い姿勢の道に進めるのかをご紹介します。

 

環境を変えることが姿勢を変える1歩!!

 

そもそも姿勢が悪いってどういうこと??

その前に姿勢を決める背骨についてご紹介します。

背骨の形ってみなさん知ってますか??

 

 

 

 

L字? M字? F字? S字?

 

 

 

 

”正解はどれでしょうか??”

 

そう!

 

S字なんです!!

 

みなさん正解でしたか?

 

頭の骨の下に頸椎、胸椎、腰椎、仙骨。

という連なり。

 

この背骨の役割は、

  1.  身体にかかる衝撃を和らげる
  2.  内臓が潰れないように守る(肋骨・肩甲骨と共に)

という機能があります。

4足歩行になった人間だからこその背骨の役割です。

 

つぎはこちら。

姿勢には分類がある

 

姿勢が悪いという定義は実は細かくは決まってないのが実情です。

分類としては何種類かあります。

 

簡単に分類すると良い姿勢・猫背・反りすぎ腰です。

姿勢がわるいのが続くとミックス型というものもあります。

 

 

 

 

 

 

 

この絵のチェックするポイントはこちらです。

 

1、背中の丸さがありすぎるのか?

2、腰の反りが背中の丸みに対してどうか??

 

この2つです。

 

 

姿勢をチェックする方法をご紹介します。

 

姿勢をチェックしたい人が壁を背にして立ちます。

踵を壁に付けて立ちます。

なるべく壁によりかからずにしましょう!!

 

チェックするポイントはこちらです。

  • 後頭部
  • 背中
  • 骨盤(仙骨)
  • 踵(かかと)

がつくかどうかです。

ぜひやってみましょう!

 

後頭部がういてしまう方、後頭部を壁に付けるとこしが浮いてしまう方は猫背が疑われます。

背中をつけたときに腰が壁から離れている可能性がある方は反りすぎ腰が疑われます。

 

 

その改善策として

わきの下を伸ばすストレッチ!

広背筋という筋肉をのばす運動。

ボールを投げる、打つ種目のジュニアアスリートの子たちにオススメです。

お相撲さんが行う運動の一つです。

うちももの筋肉を伸ばします。

走る、ジャンプする、投げる、蹴る、、、、、、すべてのスポーツに生かせるものです。

股関節が硬い子はぜひ、行ってみてください!!

是非この2つの運動をしてみましょう!!

 

一つ目は、広背筋という筋肉を伸ばす運動です。

猫背タイプの方は、この筋肉を伸ばすことお勧めします。

猫背の方は骨盤自体も後傾射

 

反りすぎ腰の方は、こちらの運動をお勧めします!

お腹が前にでるような走りをしている子には本当にお勧めです!

 

特に丸くなる動きを意識しましょう!!

丸めたときに息を吐く!!

 

それがまず大事です。

 

動画で掲載した運動だけをすればいいというものではありません。

 

パーソナルトレーニングという仕事があるのも直接お客さまの身体をみて、

その人に向けてこの運動をしてみましょうというご案内をします。

まだ、皆さんの身体を見ていないの本当に気になる方は専門家に相談をすることを本当にお勧めします。

 

でもなかなか続かないのよね・・・そんな時は!

専門家の意見を聴いて、さてどうするかということになります。

とりあえず自分でしてみましょう!!

実施してみないと変化が起きるのかわからない。

 

 

でも、、、、、実際に実施したけどなかなか続かない。

そんな時に是非参考にして欲しいことがあります。

とりあえずこの2つを実施してみてください。

 

  1. 時間配分を変える
  2. 環境を変える

この二点です。

どうしても「○○を頑張ろう!」という目的を掲げてもマインドセットだけ変わっただけでは惜しいという状況です。

人間が変わるだけでなく、人間が暮らす環境を変えないといけません。

ぜひ、この上記二点を考えてみよう!

まとめ

自分を変えるために必要なことは気合いで自分を変える(笑)

 

ではなく・・・

 

自分の習慣を変えることが自分を変える最大の近道!

 

さぁ!実際に動いてみよう!!

新たなことをするときに人が考えることは、やりたくない理由を考える。

 

すぐに行動をしたもの勝ち!!