• ブログ Blog

    Blog
  • 2018/04/07
    子ども情報ブログ
    子どものトレーニングといえば、

    何でしょうか??

    とても一般的でわかりやすいのが体幹トレーニングやストレッチと言われるもの

    だと思います。私の行なっているトレーニングはただの体幹トレーニングではございません。

    ”人間の動きには大きく分けて止まる・動くことが存在します。”

    一般的なトレーニングは、その場で腕立て伏せの状況を床に肘をつけてキープ

    するトレーニングを行います。

    キープする体幹トレーニングの運動ももちろん大事です。

    片足立ちができない、サッカーやバスケットのようなスポーツで人から

    当たられると動いてしまう子には特にオススメの運動になります。

    こちらは止まるという動きで必須です。

    でもそのあとに起こるのが走るや投げる、蹴る、打つという動作。

    いわゆる動くということが起きます。

    動くとういことは重心移動が伴います。

    蹴る時もその場でのキックもしますが多い動作として歩いたり、

    走ったりしながら蹴る。

    いわゆる動きながら、動くという状態です。

    この止まること、動くことを考え、トレーニングを組んでおります。

    レッスンでも、パーソナルトレー

    ニングでも同様に進めております。

    この動きは代表的な運動の1つで ある「ダンゴムシ」です。

    背骨を丸める方向に動かす背骨丸めエクササイズです。

    子どもの逆上がり、前転というでんぐり返し、蹴ることもそうです。

    丸める動きの要素が詰まってます。

    大人や子どもの皆さんもやって見てくださいね!

    では、どうぞ!!

    えっ!!

    できない

    頑張りましょう!!!

    真のトレーニングを探求し続けます。

    姿勢のお兄さん 須賀雄一 より

    あなたにオススメの記事